こまつ町家文庫

 
 〜心安らぐひとときを。ほっと落ち着く古本カフェ〜 

 JR小松駅から徒歩5分。昭和の古い町並みが残る小松市龍助町。築80年の町家を改装した素敵な古本カフェをご紹介させていただきます♪
「こまつ町家文庫」は週4日だけオープンする古本とカフェと手作りジャムのお店でございます。

 こだわりの食材で作る身体に優しいメニュー。
 そして一期一会の古本との出会い。
 店内には個性的なアートが並び、ちょっぴり非日常を味わえます。
 どうぞ癒しの時間をお過ごしください。

※現在休業中。2021年5月末に隣町の八日市町にて移転再オープン予定。
#スイーツ #ランチ #カフェ #写真映え 




〜本が巡り、本と出会える場所〜

 街並みにとけ込む「こまつ町家文庫」。格子のドアを開けると約5000冊の古本たちが出迎えてくれます。 暖色の明かりが落ち着く店内。高い吹き抜けには色とりどりのガラスの雫飾りが艶やかに佇んでいます。

 こまつ町家文庫に置いてある本は、そのほとんどが一度は誰かの手に渡り、そこからやってきた古本です。
素敵な本との出会いを楽しめる、宝探しにも似たワクワクを体験することができます。

 「本の交換」システムも取り入れており、家にある読まなくなった本を1冊1ポイントで引き取り、貯まったポイントに応じて店内の本と交換することができます。

  出会った本を片手に店内でお茶を楽しむ。
  時間を忘れ、心地よい時間を過ごすことができます。





〜世界文学ジャム全集〜

 世界の名作文学のタイトルになぞらえて命名したジャムを取り扱いしております。
素材は地元産にこだわり、生産者の顔が見える季節の旬のフルーツや野菜を使用。無添加・無着色で作り、素材の美味しさをそのままに。
お砂糖は、保存に必要な最小限の量しか使用していません。また白砂糖は使わずに、精製されていないミネラル豊富な粗精糖で作ります。

 






こちらの商品はCOREZOモールでご購入いただけます。

こまつ町家文庫 COREZOモール店 



 
それでは店主金田さんのオススメメニューをいただきます♪
カフェメニューはできる限り地元のものを使い、体に優しい素材選びにこだわっています。
 まずは地域とのコラボレーションでできた「龍助丼」をいただきます。同じ龍助町にある中出精肉店の特製の焼豚を使用した逸品です。
焼き豚は能登豚を使用し、白山市の切り炭であぶり、小松の醤油で味付けをしています。紫キャベツの酢漬けなど付け合わせの野菜も地元物にこだわり、店舗特製のトマトジャムが味のアクセントとなっており箸が止まらなくなる美味しさでした♪



 また要予約ではございますがランチプレートも大人気です。
日替わりのメニューとなっており本日はこんな内容でした♪
上品な味付けの油淋鶏とナポリタン。
スパイスかぼちゃと紫いものサラダは優しい味わいです。
赤カブ・きんかん・菜の花・人参のマヨネーズ和えはキヌア・ゴマ油・塩でさっぱりと。
中華風煮物はこんにゃく・金時人参・厚揚げが入っており旨味が凝縮されています。
お米も羽咋産の玄米と黒米を合わせており、健康志向の方には特におすすめです。
COREZOインタビュー 対談者のご紹介
  • こまつ町家文庫 オーナー 金田 奈津代さん

 

お店を設立した経緯についてお聞かせください。

 

現在の「こまつ町家文庫」は実は三代目になります。
当初はNPOの期間限定“リサイクル本交換図書館プロジェクト”として誕生しました。期間満了後は斎苑により約2年間運営が
継続となり、その後に私が事業を引き受けた流れになっています。

 

そうなんですね!どのような想いで引き受けられたのですか?

 

実は「こまつ町家文庫」は閉館が決まっていたんですよ。ただ地域の方々の強い要望もあり、私を含む現場運営のスタッフ数名にてゼロからの「町家文庫復活プロジェクト」をスタートさせました。その流れでオープニングスタッフの私がそのままオーナーになってしまった感じです(笑)私もこのお店のファンであったことも一つの要因ですね。

 

ありがとうございます。最後におすすめの商品を教えてください。

 

おすすめは自家製ジャム「世界文学ジャム全集」です。
味はもちろんですが、こだわりのネーミングをお楽しみいただけたらと思います。
ギフトにもおすすめです♪

おすすめランキング
1位
2位3位



世界文学ジャム全集
540円(税込)〜 
 ランチプレート※要予約
1,210円(税込)
加賀棒茶ミルクティー(写真左)
560円(税込) 
こまつ町家文庫店舗トップへ 濃厚ガトーショコラ(写真右)
460円(税込)



店舗名:こまつ町家文庫

住所(移転先予定):
石川県小松市八日市町46
電話番号:0761-27-1205

営業時間:11:00〜18:00
定休日:日・月・火曜日
HP:https://machiya-bunko.com/
Instagram:@machiyabunko

北國Visaデビットカードポイントも
ご利用いただけます。




人から人へ、笑顔がつながる作物 ― 本田農園


 地域に愛される謙虚なパン屋さん
                   ― selfish color Bikke